「沌」お一人様セット

日本橋のタイレストラン「沌(とん)」からうれしいお知らせです。

「沌」はお一人様でも大歓迎!お勤め帰りに、お買い物のついでに、広々とした店内でゆったりタイ料理はいかがですか?
近々お一人様ディナーセットも準備中とのこと。
新入社員の皆様も、タイ料理デビューは是非タイレストラン「沌」で!
是非お気軽にお立ち寄りください。

top_image01

タイレストラン「沌」 コレド日本橋店
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-4-1 コレド日本橋4F
03-6225-2891
アクセス:東京メトロ 銀座線 東西線・都営地下鉄浅草線「日本橋」駅出口直結(B12.C1.C2出口)

タイレストラン「沌」PCP 丸の内店
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内B1
03-3217-3811
アクセス:JR東京駅 八重洲南口より徒歩3分

http://www.thongjapan.com/

タイフェス代々木出店募集

2014年 タイフェスティバル代々木(第15回)の出店要項


在京タイ王国大使館及びタイ政府関連事務所から構成される第15回タイ・フェスティバル実行委員会は、2014年5月17-18日に、東京都渋谷区の代々木公園において、タイ王国を幅広くPRするため「第15回タイ・フェスティバル2014」を開催致します。今年のテーマは「タイのハーブ&スパイス」です。下記の要項にて本日より2014年2月24日までの期間に、タイ料理店やタイの物品を扱う企業(店舗)からの出店応募受付けを致します。



——-ブースの分類——-

1.レストランブース 約 70ブース

●レストラン(企業)1店舗につき2ブース以内
●1ブースにつき4品まで販売可能です。(ただし、ご飯・もち米は数に含みません。)料理は1種類を1品と数えます。例:カレーの場合 グリーンカレー1品、レッドカレー1品また、セットメニューを販売する場合は、4品の中から組み合わせて下さい。(セットメニューとして4品以外の料理を販売することは不可)
●ドリンク類の販売は禁止です。


2.生鮮果物ブース・生鮮果実飲料ブース 約 12ブース

●.生鮮果実飲料を販売する場合は、生鮮果物の販売もすることが必須条件です。生鮮果実飲料とは、生鮮果物の生絞りジュース又はスムージー等で、ブース内で販売している生鮮果物を使用して調理していることが条件です。既にパッケージされた紙パック/ビン/缶の果物ジュースの販売、又は生鮮果物を使用していないドリンクの販売は禁止です。それらの物を販売希望の場合はドリンクブースとして応募してください。


3.物産/サービス事業ブース 約 45ブース

●1店舗につき4ブース以内
●物産/サービス事業ブースで、持ち帰り用の飲料水の販売は可能です。ただし、冷蔵したドリンクの販売や、蓋を開けてイベント内で提供することは禁止です。


4.ドリンクブース 約 14ブース

●ドリンクブースでは、ガラスビンそのままでの販売は禁止です。紙製やプラスチック製のコップに移し替えて販売して下さい。空きビンは出店者が責任を持って持ち帰ってください。

※注:ブース数は都合により変更することがあります。



——-出店料(開催期間中の水道代及び電気代を含む)——-

1.レストランブース 270,000円/ブース
2.生鮮果物販売・生鮮果実飲料ブース 200,000円/ブース
2.物産/サービス事業ブース 200,000円/ブース
3.ドリンクブース 480,000円/ブース


●タイフェスティバル実行委員会は、タイ関連の活動を行うNGO/NPO出店者に対して、ブースを無償にて提供することを検討致します。

●生鮮果物を販売する際に味見を行う出店者、生鮮果実飲料を販売する出店者、また加工や調理が必要な飲料を販売する出店者は、渋谷区保健所の規定に従い、手洗い及び食器洗い用の流し台・湯沸かし器具等の設置が必要です。設置料は出店者の負担となります。(各ブースに用意されるものは下記を御参照下さい。)

※レストランブースの各ブースに用意されるもの
1)テント 1ブース  3.6×3.6m( 13 ㎡)
2)机2台、椅子2脚、テーブルクロス
3)店名の看板(W900×H250)
4)消火器1式 (2ブースで1式)
5)照明(蛍光灯)1本 (40W)
6)電気(1ブースにつき1箇所1.5KWまで)
7)水道水
8)フェスティバル準備および開催期間中における 24時間警備サービス
9)渋谷区保健所の規定に従い、容量 170リットルの冷蔵庫(W545×D600)
湯沸し器具、手洗い及び食器洗い用の流し台

注)テントのサイズ及び備品は都合により変更することがあります。

*生鮮果物販売・生鮮果実飲料ブースの各ブースに用意されるもの
1)テント 1ブース  3.6×3.6m( 13 ㎡)
2)机2台、椅子2脚、テーブルクロス
3)店名の看板(W900×H250)
4)照明(蛍光灯)1本 (40W)
5)電気(1ブースにつき1箇所1.5KWまで)
6)水道水
7)フェスティバル準備および開催期間中における 24時間警備サービス

注)1.生鮮果物販売にて試食を行う場合・生鮮果物を調理してジュースやスムージー等を販売する場合は、渋谷区保健所の規定に従い、手洗い及び食器洗い用の流し台・湯沸かし器具の設置が必要です。各自で御用意ください。
注)2.テントのサイズ及び備品は都合により変更することがあります。

*物産/サービス事業/ドリンクブースの各ブースに用意されるもの
1)テント 1ブース 3.6×3.6m( 13 ㎡)
2)机2台、椅子2脚 、テーブルクロス
3)店名の看板(W900×H250)
4)照明(蛍光灯)1本(40W)
5)電気(1ブースにつき 1.5KWまで)
6)フェスティバル準備および開催期間中における 24 時間警備サービス

注)1.ドリンク販売で加工や調理をする場合は、渋谷区保健所の規定に従い、手洗い及び食器洗い用の流し台・湯沸かし器具の設置が必要です。各自で御用意ください。
注)2.テントのサイズ及び備品は都合により変更することがあります。



——-申込み及び出店の条件——-

1.出店申込者は、フェスティバル当日に出店する事業主、経営者または NGO ・NPO団体代表者と同一であること。万が一、申込者と出店者が異なっている場合、他社の営業許可証を使用した場合、出店の権利をまた貸しや譲渡した場合は、タイ・フェスティバル実行委員会は出店を許可しない権利を有します。

2.出店希望者は、出店申込書を日本語で記入して下さい。(店名/社名、担当者名、タイ料理名は英語又はタイ語の表記も必要です)。申込書は昨年度のものより変更がありますので、ご注意下さい。また、その他の関連書類も必ず添付して下さい。


【レストラン事業主】

1. 営業許可証の写し(日本の公的機関が発行し、許可期限有効のもの)
2. 写真3種類(店内、外観、キッチン内)
3. フェスティバルで販売するタイ料理(値段は500円以下)の写真、食器、分量、盛り付けなど、出来るだけ当日の料理を再現したもの。



【生鮮果物販売・生鮮果実飲料ブース事業主】

1. 営業許可証の写し(日本の公的機関が発行し、許可期限有効のもの)または登記簿謄本、営業を証明する公的書類などの写し

2. 写真(フェスティバルで販売する商品)

3. タイ・フェスティバル2014出店申込書



【物産店/サービス事業主】

1. 営業許可証の写し(日本の公的機関が発行し、許可期限有効のもの)または営業や団体設立を証明する公的書類の写し

2. 写真(フェスティバルで販売する商品)

3. タイ・フェスティバル2014出店申込書



【ドリンク販売事業主】

1. 酒類を販売する場合は酒類販売業免許証の写し(日本の公的機関が発行し、許可期限有効のもの)

2. 営業許可証の写し(日本の公的機関が発行し、許可期限有効のもの)または登記簿謄本、営業を証明する公的書類などの写し

3. 写真(フェスティバルで販売する商品)

4. タイ・フェスティバル2014出店申込書





3.フェスティバル当日に販売する料理、果物、商品および提供するサービスはタイと関連のあるものに限ります。


4.レストラン/生鮮果物ブース・生鮮果実飲料ブース出店者は、日本国内で定められている衛生規準及び規則に従って頂きます。


5.物産店/サービス事業ブース出店者は、日本国内の規則に従って頂きます。販売する品は正式に税金が支払われている商品に限ります。また海外からの輸入品は、日本国内で定められている輸入規定に従って正式に輸入された商品に限ります。


6.出店者の方は、日本国内規定の基準及び規則、また実行委員会の規定する規則に従って頂きます。万が一この規定に違反した場合は、今回のフェスティバルに限らず、今後タイ王国大使館が主催する様々な行事への出店を中止させて頂くこともあります。


7. 実行委員会は、ドリンクブース出店者に限り既製品のアルコール飲料及びノンアルコール飲料の販売を許可します。フェスティバル来場者がその場で飲むことができるサービス(冷蔵しておき、その場で栓を開けて飲むことが可能)を提供します。

※なお、フェスティバル会場内では、ガラスビン入りの飲料の販売はお勧めしません。やむおえず販売する場合は、紙製やプラスチック製のコップに移し替えて販売して下さい。空きビンは販売者が全てお持ち帰りいただき、イベント会場のゴミ捨て場で捨てることは禁止です。



——-出店申し込み期間——-

出店をご希望の方は、本日より2014年2月24日(月)までに指定の出店申込書及び必要書類を揃えて、下記の住所まで郵送にてお送り下さい(締切日当日の消印有効)。出店に関する詳細のお問い合わせ、申込書の送付先は下記の担当者までお願い致します。

タイ王国大使館  タイ・フェスティバル2014担当
〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-6
TEL:03-5789-2433  内線471、474、433、444
FAX:03-5789-2428

注:必要書類が全種類揃っていることがお申し込み完了の基準となります。申込用紙の必要事項が空欄である場合、また締切日を過ぎてのお申し込みはいかなる場合でもお受けできません 。


タイフェスティバル公式ホームページ( www.thaifestival.jp )及びタイ大使館公式ホームページ(http://www.thaiembassy.jp)上で発表致します。

今年のテーマである「タイのハーブとスパイス」に関連のある商品やサービスを販売していただけるようご協力をお願いします。この他にも、日本人に様々なタイ料理を衆知させるために、レストランブースの出店を希望する方は、日本国内であまり知られていないタイ料理を提供して頂けるようご協力をお願いします。

出店者決定の後、出店の権利を放棄したり、なんらかの理由で出店の権利を剥奪される出店者がでた場合、実行委員会は出店の決定から外れた申込者の中から選出し出店する権利を授与します。



——-出店料の支払い——-

1.タイ王国大使館は2014年3月13日(木)に、決定出店者名と出店料振込先の銀行口座を発表致します。

2.出店者は出店料の全額を 2014年3月28日(水)までに、タイ王国大使館指定の銀行口座にお振込み頂くか、直接タイ王国大使館までお持ち下さい。なお、振込手数料は出店者にご負担頂きます。

3.タイ王国大使館は、出店料の銀行振込み日または支払日をもって、出店料支払い完了日と致します。期限内に出店料全額の支払いが完了していない出店者は、出店する権利を放棄したものとみなし、代わりの出店者を選出します。

4.お支払い頂いた出店料は、いかなる理由でもお返し致しませんので、ご了承下さい。




——-出店ブース場所の決定——-

出店ブース場所の決定は抽選形式をとります。レストランブース、生鮮果物販売・生鮮果実飲料ブース、物産/サービス事業ブース、ドリンクブースに分け、申込みブース数の多い出店者から優先的に抽選くじを引いて頂きます。出店ブースが同数の出店者は、出店料の支払い日時の早い順で抽選くじを引いて頂きます。ドリンクブースの場所の決定は、別途行います。

タイ・フェスティバルに関する詳細は、タイ王国大使館のタイ・フェスティバル担当までご連絡下さい。電話 03-5789-2433 内線471、474、433、444


在京タイ王国大使館
2014年1月31日

第15回タイ・フェスティバル2014出店要項ページ

■タイフェスティバル代々木 FACEBOOK
https://www.facebook.com/thaifes

タイフェスティバル博士
タイフェスティバル博士

タイフェス来場者が安全に楽しめるように、出店者が来場者に上手にアピールできるように2000年からずっと目を光らせています。名言は「電車で行けるタイランド。それ~がタイフェスティバルです」

【取材・出演問い合せ】
☎03-5358-7895
info@thaifestival.net

■タイフェスティバル博士 FACEBOOK
https://www.facebook.com/Dr.ThaiFestival